結婚式の費用を準備しておく

結婚式の資金はどうする?

二人の結婚式。結婚式の資金をどうするか、いくら使えるかを考えなければなりません。いくら理想の結婚式を挙げたくてもお金が無ければ無理ですし、これからの生活もあります。二人の貯金をすべて使うわけにはいきません。結婚式を盛大に行うのか、新婚旅行をリッチにするのか、新生活に重点を置くのかをしっかり話し合いましょう。ここでお互い納得しておかないとトラブルになります。他に結婚式の資金に組み込めるものはご祝儀や職場からのお祝い金があります。招待客が多ければその分ご祝儀が増えますが費用も増えますのであまり数に入れない方がいいかもしれません。そして一番頼りになるのがやはり親からの援助です。進んで援助してくれる親も多いでしょう。しかし、後々双方の負担金額が問題になる場合がありますので、援助を受ける場合でも両家できちんと話し合っておきましょう。

結婚式にはどれくらいかかるの?

結婚式には様々なプランがあります。そして価格も高額なものからお手頃なものまであります。まずは情報誌やWEBなどで情報を集めましょう。そして予算にあった複数の結婚式場を見学して、見積もりをとりましょう。どんな項目にどれくらいの費用がかかっているか確認してみましょう。見積もりを取る際に必ず必要なのが招待客の人数です。金額が大幅に変わってきます。設定は予想の最大人数にしておきましょう。また、セット内容に含まれるもの、別途費用がかかるもの、見積もりに入っていない経費は必ずその場で確認しましょう。再見積もりを重ねていくと予算オーバーになることもあります。最初の見積もりから大きく変わらないように条件を指定することが大切です。結婚式にかかる費用が早々に決まってしまえばその後のスケジュールはスムーズに進むでしょう。